循環経済のためのオープンで安全な分散型コミュニケーション・プロトコル

ブロックチェーンゼロ知識証明の活用により、循環バリューチェーンにおける透明性通信が実現

 
 
 
 
 
 
 
 
Background.jpg
 

課題

Data_is_fragmented.png

データが分散されている

多くの関係者がそれぞれ情報を所有する一方で、すべての情報を所有する関係者が存在しません。アリスはある資源に関するレシピを知っていて、ボブは一部に使われている素材の価格を知っていて、チャーリーはパーツリストを持っている、といった具合です

Value_chain_is_a_chain.png

サプライチェーンが機密となっている

サプライチェーンの正確な形やネットワークが不透明であることが多く、秘密にされている場合もあります。そもそも複雑であり、秘密にしておくことで間に入る者の利益となるからです

Required_data_is_unknown.png

必要なデータが分からない

資源の行き着く先が動的な環境に左右され、リバースロジスティクスにおける将来の新機軸・基準が未知数であるため、どのような情報が必要なのかが正確に分からない場合も少なくありません

Centralisation_is_unwanted.png

集中型が求められていない

関係者は、情報をオープンな形で共有し、また中心的な立場にいる者を信頼することを望んでいません。自分たちが持っている競争上の優位性が危険にさらされることになるからです。


ソリューション

Smart Questioning - Light3 Japanese.png

スマートクエスチョニング

スマートクエスチョショニング技術により、ステークホルダーが製品について質問を行い信頼性の高い回答を得ることができます。回答は、他には誰も閲覧・アクセス・共有したことのないデータに基づきます。当社が実装するゼロ知識証明により、競争力低下というリスクが協働優位性というアセットに変容します!


概要

Overview_Japanese.png

プロトコル

Circulariseプロトコルの核心部分は、CIRCONTRACTSと呼ばれるコレクションである多数のスマートコントラクトで構成されます。当プラットフォームにより、仲介業者を介さず分散アプリケーションの利用のみで業務を遂行することができます。誰もが契約内容の閲覧や検証を行ったり、コアシステムの修正を提案することができます。

クライアント

プロトコルとやり取りを行なうためのインターフェースが多数ご用意されています。

CIRDASH: プロフェッショナルな利用者がキャリアーを作成したり、データの読み書きを行ったり、スマートクエスチョニング機能を利用するための使いやすいインターフェースです
CIRAPP: エンドユーザー向けにあらゆる商品関連情報の提供を行なうフロントエンドです。また、消費者と製造業者を繋ぐタッチポイントでもあります。
CIRAPI: お客様の既存アプリとのインテグレーションを容易に行うためのAPIです。独自アプリの構築も可能です!

キャリアー

Circulariseプロトコルを使用するためには、CIRLABELSと呼ばれる固有の識別子を作成し、資材や部品、製品に貼り付けます。キャリアーの種類はQRコードからRFID、NFCまで多岐にわたります。また、IOTが有効な任意のデバイスを使用することもできます。唯一の要件は、破損時に使うオフラインのバックアップ識別子が必要であるということです。

Open Source Protocol Circular Economy.png

オープンソース

Distributed Protocol Circular Economy.png

分散化

Secure Protocol Circular Economy.png

セキュア

 
 

メディア

 
 
#222222.png
 

パートナー

 
 
 
 
 
#222222.png
 

イベント

当社が参加するイベントです。ぜひお客様とお会いできればと思います!


ツイッター

ソーシャルメディアでCircularise をフォローしましょう。まずはツイッターチャンネルからです


ブログ

記事を辿ってニュースを読みましょう!


ニュースレター

過去のニュースレターを読み、次号以降の購読を申し込みましょう!


April 2018

Click to read it

March 2018

Click to read it